CATEGORY

週刊少年ジャンプ

  • 2020年11月29日

呪術廻戦 / 芥見下々 5巻 感想 【ネタバレあり】

↑試し読みできます。(画像クリック) 虎杖vs東堂。東堂に気に入られてしまった虎杖は戸惑いながらも戦闘へ。東堂は京都校の仲間を追い払い、1vs1の勝負へ。虎杖の戦い方について助言も交えながら、二人は更なる高みへ上るために拳を交える。 真希vs三輪。真希は4級でありながらその身体能力で三輪を圧倒。刀を奪い取りその場は決着。棘のフェイクの電話により三輪はリタイア。 野薔薇vs西宮。お互いが尊敬する禪院 […]

  • 2020年11月29日

呪術廻戦 / 芥見下々 4巻 感想 【ネタバレあり】

↑試し読みできます。(画像クリック) 虎杖vs順平。抵抗する順平に対し虎杖は順平を説得。母親が殺されたことを聞き、高専への入学を進めるが、そこへ真人が。 虎杖を退け、順平に術式をかけ肉体の形を変形、虎杖を襲わせる。無理矢理形を変えられた順平は呆気なく死んでしまう。呪いに対して心底嫌気が差した虎杖は怒りを顕わにする。 宿儺を宿す虎杖は魂の輪郭を感じやすく、真人に物理攻撃を与えられる。また、真人が虎杖 […]

  • 2020年11月29日

呪術廻戦 / 芥見下々 3巻 感想 【ネタバレあり】

↑試し読みできます。(画像クリック) 伏黒と釘崎の前に現れた東堂と禪院。二人に力の差を見せつけるが、東京の先輩が間に入り収束。 一ヶ月後、とある映画館で男子高校生三人の変死体が発見される。その死に体は異常なものだった。そこへ虎杖と、五条の後輩である七海が現場へ向かい、死体の様子から呪霊の仕業と見て捜査を始める。そして映画館に現れた呪霊を殺し調べたところ、元々は人間だったことが判明した。 人間を呪い […]

  • 2020年11月24日

呪術廻戦 / 芥見下々 2巻 感想 【ネタバレあり】

↑試し読みできます。(画像クリック) 宿儺を出した虎杖。表に出た宿儺は伏黒達を襲おうと考えるが、攻撃をしてきた特級に灸を据える。特級が持っていた指を奪い、虎杖を呼び戻すが出てこない。 宿儺は外へ。伏黒と対面し、虎杖は出てこないことを告げる。自らの心臓を引っ張り出し、虎杖が出てくればこの体が死ぬと脅すが、伏黒との戦闘中、虎杖は宿儺を抑え出てきてしまう。そして、心臓のない虎杖は倒れてしまった。 死亡し […]

  • 2020年11月23日

呪術廻戦 / 芥見下々 1巻 感想

↑試し読みできます。(画像クリック) 高校一年の虎杖悠仁。オカ研に所属しているが、元は陸上部で体力や運動能力は人一倍あった。祖父が病気で入院しており、その見舞いのために早く帰りたいが為のオカ研だったが、居心地は良く高校生活はそれなりに楽しく過ごしている。 しかし、祖父は亡くなってしまう。悲しみに暮れる間もなく、一人の男が虎杖に近付く。学校に保管してあったはずの呪物がなくなり、それを虎杖が持っている […]

  • 2020年11月15日

鬼滅の刃 / 吾峠呼世晴 22巻 感想 【ネタバレあり】

↑試し読みできます。(画像クリック) 無惨と柱達との激しい攻防が続く。伊黒の過去。鬼に支配された家で、生け贄にされるために育てられた経緯を持つ伊黒。家の者を見殺しにしてまで生きながらえた伊黒は、鬼狩りとしてそのやり場のない気持ちを鬼に向けていた。そこで出会った甘露寺の明るさや素直さに惹かれ、想いは強くなっていた。 これまで成果を上げられていない伊黒は、人一倍のやる気を漲らせ、刀身を赤くすることに成 […]

  • 2020年11月15日

鬼滅の刃 / 吾峠呼世晴 21巻 感想 【ネタバレあり】

↑試し読みできます。(画像クリック) 上弦の壱を倒した柱たち。その代償は大きく、時透と玄弥はこの世から去ってしまった。 無惨を抑えていた珠世は限界を迎え、ついに無惨は復活する。鬼殺隊を取り込み、珠世を殺し、無惨は体力を回復しながら柱達の殲滅に向かう。そして、炭治郎達の前に姿を現した。 無惨の詭弁に心から嫌悪する炭治郎。愈史郎が上弦の肆を操り、無惨に相対するは炭治郎、冨岡、甘露寺、伊黒、後に悲鳴嶼と […]

  • 2020年11月15日

鬼滅の刃 / 吾峠呼世晴 20巻 感想 【ネタバレあり】

↑試し読みできます。(画像クリック) 悲鳴嶼vs上弦の壱、黒死牟。悲鳴嶼と不死川にも痣が発現していた。黒死牟曰く、痣が発現したものは例外なく25歳よりも若いうちに死んでしまうというが、元より鬼殺隊として死ぬ覚悟を持って任務にあたる二人は、目の前の上弦の壱を倒すことのみに集中し連携する。 体を裂かれていた玄弥は、鬼喰いの力で体をつなぎ止める。そして、切り離された上弦の壱の髪を喰うことで更に鬼の力を引 […]

  • 2020年11月14日

鬼滅の刃 / 吾峠呼世晴 19巻 感想 【ネタバレあり】

↑試し読みできます。(画像クリック) 伊之助とカナヲをいたずらに挑発する上弦の弐、童磨。自らの氷の分身を作り出し伊之助たちの相手をさせ、自分はその場を後にしようとする。 氷の分身ですら伊之助達を食い止めるには十分だった。童磨は外に出る扉に手をかけた。その瞬間、童磨は顔から腐り落ちていく。 しのぶの毒だった。しのぶは元々上弦の弐には、自分たちの実力では勝てないと踏んでいた。上弦の弐の性質、女を食うと […]

  • 2020年11月10日

鬼滅の刃 / 吾峠呼世晴 18巻 感想 【ネタバレあり】

↑試し読みできます。(画像クリック) 炭治郎は父が教えてくれた「透き通る世界」を見る。研ぎ澄まされた思考は炭治郎の闘気を消し、猗窩座は炭治郎を探知できなくなっていた。 炭治郎は、探知できていない猗窩座に斬りかかる宣言をする。瞬時に反応する猗窩座だが、闘気がない炭治郎に戸惑いを隠せない。その瞬間、炭治郎はヒノカミ神楽により猗窩座の首を一閃した。 首を落としても、なお動き続ける猗窩座の胴体。既に力を出 […]

  • 2020年11月9日

鬼滅の刃 / 吾峠呼世晴 17巻 感想 【ネタバレあり】

↑試し読みできます。(画像クリック) 渾身の突きを繰り出したしのぶだが、やはり効いていなかった。捕まったしのぶは、上弦の弐に吸収されてしまう。アオイが駆けつけるも、時既に遅かった。 善逸が相対するは、上弦の陸、獪岳。かつて善逸の兄弟子だったが、自らの意志で鬼になった。雷の呼吸の継承者から鬼を出してしまった責任を感じ、二人の師であるおじいさんは腹を切って死んでしまっていた。 その恨みを抱えていた善逸 […]

  • 2020年11月7日

鬼滅の刃 / 吾峠呼世晴 16巻 感想 【ネタバレあり】

↑試し読みできます。(画像クリック) 悲鳴嶼の訓練はシンプルだが厳しい。苦戦する炭治郎だが、玄弥からヒントをもらい与えられた試練を何とかクリアする。息絶え絶えの炭治郎に悲鳴嶼は声を掛け、先般の戦いを労う。炭治郎のその真っ直ぐさと謙虚さに驚かされ、自らの身の上を引き合いに悲鳴嶼は改めて炭治郎のことを認めた。 突如として産屋敷邸に現れたのは、鬼舞辻無惨だった。既に死期の近い産屋敷に心底絶望する無惨だが […]

  • 2020年11月7日

僕とロボコ / 宮崎周平 1巻 感想

↑試し読みできます。(画像クリック) AI搭載の超高性能メイド型ロボット「オーダーメイド」。そのかわいさと汎用性の高さで大ヒットを記録している。 小学五年のボンドは、自分の家にもオーダーメイドが欲しいと母親にねだり、その便利さに母親も納得しついに購入が決まる。 オーダーメイドが届くその日、響くインターホンに嬉々として玄関の扉を開けるが、目の前にいたのはいかつい体格でバイクに跨がるメイドロボだった。 […]

  • 2020年11月7日

破壊神マグちゃん / 上木敬 1巻 感想

↑試し読みできます。(画像クリック) 太古の時代より世界を支配し、混沌の神と呼ばれていたマグ=メヌエク。600年前、ある教団に召喚されるも敵対する聖騎士団の手により封印されてしまっていた。 現代、浜辺に流れ着いていたマグ=メヌエクが封印されている宝石を一人の女子中学生、流々(るる)が拾う。流々は誤って宝石を壊してしまい、封印は解かれマグ=メヌエクは現代に蘇った。 しかし封印の影響か、マグにかつての […]

  • 2020年11月5日

灼熱のニライカナイ / 田村隆平 1巻 感想

灼熱のニライカナイ / 田村隆平 1巻 感想 灼熱のニライカナイ 1 (ジャンプコミックスDIGITAL) amazonで購入 警視庁で警察官を務める鮫島灼熱(ボイル)巡査。日頃の素行の悪さから目を付けられていた彼はついにクビを言い渡され小笠原の小さな島へ飛ばされてしまう。 その島の派出所で勤務する七瀬宇海に連れられ、勤務先の姉ヶ島署へ。道中、七瀬から現在捜査中の大きな事件についての詳細を聞く鮫島 […]

  • 2020年11月4日

鬼滅の刃 / 吾峠呼世晴 15巻 感想 【ネタバレあり】

↑試し読みできます。(画像クリック) 半天狗の本体を追う炭治郎と玄弥。首に刀を振るも食い込むだけで落とすまでいかない。そこへ一本の刀が。鋼鐵塚の研いでいた刀。研ぎは途中だったが、時透から授けられたその刀で本体の首を斬り落とすことに成功する。 夜明けが近い。開けた場所にいる炭治郎と禰豆子。禰豆子はこの場所はまずい。そう思った矢先、半天狗の本体がまだ生きていることを知る。焦る炭治郎だが、日の光が無情に […]

  • 2020年11月3日

鬼滅の刃 / 吾峠呼世晴 14巻 感想 【ネタバレあり】

↑試し読みできます。(画像クリック) 五体目の首に刀を掛けた炭治郎だが、背後に迫るもう一人の鬼。怒りの鬼が残り三人の鬼を取り込み、一人の強力な鬼として姿を変えていた。とてつもない威圧感。上弦の肆、半天狗は、追い込まれれば追い込まれるほど力を発揮する鬼だった。 玉壺は鋼鐵塚のいる小屋へ。脇目も振らず一心不乱に刀を研ぐ鋼鐵塚に、ある主尊敬の念を抱く玉壺。攻撃をされても研ぐことをやめない鋼鐵塚。そのひょ […]

  • 2020年11月3日

鬼滅の刃 / 吾峠呼世晴 13巻 感想 【ネタバレあり】

↑試し読みできます。(画像クリック) 分裂する鬼。喜怒哀楽の性質を持った四体がメインとなり、炭治郎、禰豆子、玄弥は迎え撃つ。押しつ押されつの攻防を繰り広げるが、能力の違う四体の攻撃に惑わされ少しずつダメージを負う三人。 飛ばされた時透は襲われていた小鉄を助け、鋼鐵塚が作業する小屋へ。そこで上弦の伍、玉壺(ぎょっこ)と出会う。刀鍛冶を庇いながらの戦闘に、致命的なダメージを受けてしまう時透。鬼の血鬼術 […]

  • 2020年11月3日

鬼滅の刃 / 吾峠呼世晴 12巻 感想 【ネタバレあり】

↑試し読みできます。(画像クリック) 無惨により集められたのは、上弦たち。上弦の陸が死に、未だ無惨の望みを達せられないことに、無惨は怒りが収まらない。 その中で、上弦の伍が有益な情報をつかんだと主張。情報が確定次第、上弦の肆と共に向かうよう無惨から命を受けた。 妓夫との戦いが終わり、しばらく眠っていた炭治郎が目を覚ました。善逸、伊之助も意識を取り戻し、全員が無事回復した。 刀が刃こぼれしてしまった […]

  • 2020年11月2日

鬼滅の刃 / 吾峠呼世晴 11巻 感想 【ネタバレあり】

↑試し読みできます。(画像クリック) 炭治郎・宇随vs妓夫。お互い一歩も引かない接戦を繰り広げる。雛鶴の奇襲でチャンスを作るが、妓夫の動きは鋭く首まで刃が到達しない。 善逸・伊之助vs堕姫。こちらも攻防を繰り広げるが善逸と伊之助だけでは止めまでいかない。一旦炭治郎も加わり、三人で堕姫を落とす作戦に変更。伊之助の刀に賭け、サポートする二人。攻撃のみを考えた伊之助の二刀流が、炭治郎・善逸のサポートによ […]