葬送のフリーレン / 原作:山田鐘人、作画:アベツカサ 1巻 感想

葬送のフリーレン / 原作:山田鐘人、作画:アベツカサ 1巻 感想

↑試し読みできます。(画像クリック)

4.0

魔王を倒し終わり、帰還した勇者一行。
勇者ヒンメル、戦士アイゼン、僧侶ハイター、魔法使いフリーレン。四人は英雄として王都へ迎え入れられる。

旅をした10年を振り返りながら、50年に一度の流星群を見た。四人での旅は楽しかった。無事魔王を倒し、王都に戻ることが出来た。しかしこれからの方が、人生は長い。

長命であるエルフのフリーレンは、魔法収集の旅に出ることにした。三人に見送られながら、次の流星群の際には戻ることを約束し、新たな旅に出る。

50年が経った。用事もあり、フリーレンは王都へ帰還する。年を取った仲間たちに久方ぶりに出会い、約束の流星群を見る。その景色は、あまりにも綺麗なものだった。

ヒンメルが亡くなり、たった10年の付き合いだったが、されど10年だったことにフリーレンは今更ながら気付くことになる。長命であるフリーレンにとって10年とはあっという間。しかし、人間の寿命を間近で感じて、初めて時間の大事さ、尊さを知り、ヒンメルのことをよく知ろうとしなかったことを後悔するのだった。

その後も、ハイター、アイゼンと会い、フリーレンは旅の目的を見つけていく。勇者たちとの旅が終わった後の、フリーレンの新たな旅が始まる。

スポンサーリンク

【感想】

マンガ大賞を受賞し今話題の本作。
勇者たちの、旅が終わった後の後日譚を描く斬新なファンタジーです。

長命のエルフが主人公というのがミソで、周りの人間とは違う時間を生きる様がしっかり描かれます。これは後日譚としては非常に良い設定ですねえ。語り部が生きたキャラクターになるのは素晴らしいです。

そういえば昔から思っていたのですが、エルフが長命というのは有名ですが、体感時間も違うというのは実際のところどうなのかなあと。寿命は違えど訪れる時間は皆平等なので、10年ともなればエルフでもそれなりの時間には感じないのかなあと、長生きなキャラに触れる度に思います。
まあ、何百年も生きる前提にいないので一生わからない感覚ですが…人間でも10代~20代、20代~30代、30代~40代の過ぎ方の早さが違うとは言うので、やはり実年齢で感じ方は違うか…。

そんな時間の感覚が人とはズレているフリーレンが、仲間の死を目の前にして時間の儚さを知る…というのが最大のポイント。もっと深く関わっておけばよかった、と後悔するフリーレンの涙。こんな角度からのファンタジー作品は触れた記憶がないので、ぐっと来ました。

主人公のフリーレンは少し淡泊な性格であまり感情を表に出さないタイプですが、物語が進むうちにただ不器用なだけなんだというのが分かります。ヒンメルが亡くなり涙を流したり、アイゼンをまた旅に誘ってみたりと、愛おしい面が垣間見えてかわいい。後半では仲間が一人増えますが、淡々と描かれるコメディ要素がじわじわ来ます。テンションが低めなので、くすっとしてしまう感じ。好きですね。

終始、落ち着いた雰囲気で進むのでメリハリがないのが傷ですが、1巻のコンセプト的にはその落ち着いた雰囲気が「葬送」というタイトルにぴったりです。
仲間と少しずつ別れていく様子、そしてこれから新たな旅が始まるんだという期待感。「終わりから始まる」という今作の見所が十分に詰まっていて素晴らしい。

後半では仲間が増え、旅の目的も出来、2巻以降は本格的に冒険譚になっていくのだと思います。その旅の目的も、ヒンメルたちに大きく関わるものですので、道中でもヒンメルたちが忘れられることはないのだろうなという安心感があります。
ある意味、1巻で一回完結しているのではという完成度ですが、ヒンメルたち勇者一行との旅の経験を刻み、次の旅に繰り出すフリーレンが先々でどう心を動かされていくのか、どんな展開になるのか楽しみです。

試し読み、購入はこちらをクリック!

コメント