怪獣8号 / 松本直也 1巻 感想

怪獣8号 / 松本直也 1巻 感想

怪獣8号 1 (ジャンプコミックスDIGITAL) amazonで購入

4.0

怪獣が自然災害のように現れる時代、日本の怪獣発生率は世界でも指折りだった。

怪獣を討伐する防衛隊の隊長、亜白ミナは27歳にして隊長を任せられる未来のホープ。
対して、討伐された怪獣の後処理をする清掃業者で働く日比野カフカ32歳。防衛隊を夢見ながら、挫折をした過去がある。防衛隊隊長の亜白ミナとは幼なじみだった。

カフカとミナは子供の頃、地元を怪獣に襲われ、二人で防衛隊になることを決意し合っていた。

夢を叶え隊長にまで上り詰めたミナと、清掃業者でくすぶっているカフカ。
ある怪獣の解体中、別の怪獣に襲われ、後輩で新人の市川を守るため負傷してしまうカフカ。ミナが駆けつけその場は収まるが、カフカと市川は病院へ。

市川も防衛隊員を目指している。カフカの果敢な勇気に触れ、もう一度防衛隊員を目指すべきとカフカに促すが、その時カフカの目の前に一匹の怪獣が。その怪獣はカフカの口に入り込んでしまう。

その瞬間、カフカの体は怪獣になってしまった。人間離れした身体能力と不気味な見た目。通報されてしまい追われる立場になるが、意識はカフカのまま。現状を唯一知る市川と共に、怪獣であることを隠しながらカフカは再び防衛隊員を目指す。

スポンサーリンク

【感想】

話題沸騰の本作。その人気に違わず面白かったです。

ジャンプで打ち切りを二度経験している作者で二作とも読んだはずが記憶はほぼないんですが…、今回はシンプルな王道が非常に良い。

同じ夢を持った幼なじみ二人。かたや夢を叶え、かたや夢を諦め。諦めた32歳男が主人公。ジャンプ+は割と主人公の幅が広くて良いですね。

 

怪獣8号 1巻

怪獣の出現が地震と同じようなレベルの災害という設定。だいたいはヒロアカのヴィランのように敵対組織がいる場合が多いですが、今のところは多くは語られず。
怪獣に対してどう立ち向かうか…という話かと思いきや、主人公が怪獣になってしまうという展開。怪獣になっても意識はそのまま、能力だけが突出し、落ちこぼれだった主人公にまたとないパワーが授けられる形に。

しかも姿も意識的に変えられるようになり、人間の姿でいつも通り生活することが出来ます。そして、ここぞというときには怪獣のパワーを発揮できる…少年心をくすぐる設定ですねえ。

 

怪獣8号 1巻

 

怪獣8号 1巻

お尋ね者になってしまっているので、怪獣の力を発揮する際は体の一部分だけだとしても怪獣の姿にならなければならないためリスクが高く、気軽には使えない。自分の力と折り合いを付けていく必要があり、そもそも何故こうなったのか、それによる弊害等もまだ何もないですが、導入の1巻では特に気にならず。それよりもこの怪獣の力に興奮してしまうというのがジャンプ読者の性では。

話は早速防衛隊員の試験につながり、ハプニングもあり、1巻の引きはお見事としか言いようがない、超ベタですが続きが気になりすぎる終わり方。

あと、唯一秘密を知っている後輩の市川の存在が良いですね。秘密は共有できる人が一人でも居ると話がとてもうまく転びますし読者的にもストレスが少ない。しかも市川は滅茶苦茶良いヤツなのでとても有り難いです。

作風的に過激描写やキャラの細かな心情が描かれるものではなさそうで、シンプルにわかりやすくかっこいいシーンを描ききるといった部分が特長になりそう。長い目で見ると期待と不安が半分といったところですが、1巻は文句ありません。強いて言えばノリがちょっと軽く見えるくらいかな…。この軽さが緊迫感に水を差さないといいのですが。

「怪獣」と言ってもおそらく王道の敵キャラと変わらないでしょうから、一番の肝は主人公が怪獣になった意味とその力の使い方。ここをどうするつもりなのかで面白さが全く変わりそう。いずれにせよ、期待は大きい。2巻も楽しみです。

 

↓試し読みできます。(画像クリック)

コメント