新着記事

  • 2021年11月3日

ガイシューイッショク! / 色白好 1巻 感想

↑試し読み、購入できます。(画像クリック) 不動産会社に勤める小森広海。お客として来た、家出と思われる自称漫画家の少女・境みちるの部屋探しをするも、みちるの希望にはことごとく合わず難航していた。 文句が多く、お金もないみちるに対して説教をしてしまうが、その際に放った「大家さんとHでもしてみますか」という発言がみちるの逆鱗に触れる。 冗談ながら自宅の空いている一部屋でも使うかと提案したところ、家まで […]

  • 2021年10月31日

今日から始める幼なじみ / 帯屋ミドリ 1巻 感想

↑試し読み、購入できます。(画像クリック) 中学生の相田航平。隣の席は転校してきたばかりの女の子、柚木楓。家が隣同士ということもあり気にかける航平だが、楓の態度は素っ気ない。そんなある日、楓に呼び出された。 放課後、二人きり。話があるという楓に内心ドキドキする航平だが、楓から告げられたのは告白ではなく、幼なじみになって欲しいというお願いだった。 【感想】 幼なじみがいないのなら作ってしまえばいい、 […]

  • 2021年10月31日

海が走るエンドロール / たらちねジョン 1巻 感想

↑試し読み、購入できます。(画像クリック) 夫に先立たれ、一人老後を過ごす65歳のうみ子。ある日ふらっと入った映画館で、美大生の海(カイ)と出会う。 昔から映画館では客席が気になっていたうみ子。この日も何気なく客席を見渡すと、海と目が合った。 客席を気にするのは、映像を撮る側の気持ちがあるからだと言う海。映像科の海は、うみ子は今からでも死ぬ気で映画を撮るべきだと諭す。 老後を一人で何となく過ごして […]

  • 2021年10月26日

名探偵コナン / 青山剛昌 100巻 感想 【ネタバレあり】

↑試し読み、購入できます。(画像クリック) 【あらすじ・感想】 ついに100巻の大台です。 まずは前巻の続き。密室トリックを見破ったコナンと、優作のフリをした怪盗キッドの推理ショー。 …は、この後のvs黒の組織までに繋がる序章でしたね。 キッドの変装だと思っていたのに、実はベルモットの変装だったという驚き。そして、そのベルモットの潜入も予期し対策を打っていた優作やFBI。 コナンも見事に騙される素 […]

  • 2021年10月24日

ダンダダン / 龍幸伸 1巻 感想

↑試し読み、購入できます。(画像クリック) 高校生の綾瀬桃。ギャルの見た目で気が強いが、恋愛は硬派な男がタイプ。失恋をしたばかりで荒んでいたところに、からかわれている隣のクラスの男子を見つける。 間に入ったところ、男子から声をかけられた。彼はオカルトが好きで、自分のような人間聞こえを掛けてくれるなんて、同じオカルト好きに違いない、という。 オカルトは全く信じていないが、幽霊なら信じている、という桃 […]

  • 2021年10月9日

次にくるマンガ大賞2021 コミックス部門まとめ

だいぶ今更ですが、ニコニコとダ・ヴィンチの共催企画「次にくるマンガ大賞2021」をまとめました。 コミックス部門の1位~10位のみです。 ☆1位 【推しの子】/ 原作:赤坂アカ、作画:横槍メンゴ 【推しの子】 / 原作:赤坂アカ、作画:横槍メンゴ 1巻 感想 ☆2位 ウマ娘シンデレラグレイ / 漫画:久住太陽、脚本:杉浦理史、漫画企画構成:伊藤隼之介(原作:Cygames) ウマ娘 シンデレラグレ […]

  • 2021年10月9日

アオのハコ / 三浦糀 1巻 感想

↑試し読み、購入できます。(画像クリック) バドミントン部所属の中学三年、猪俣大貴はバスケ部で先輩の鹿野千夏に思いを寄せていた。 しかし平凡な大貴に比べ、バスケ部の次期エースでルックスも人柄も良く人気のある千夏は大貴にとって高嶺の花だった。 朝練で一緒になることが多い二人。直接の接点はなかったが、顔合わせを繰り返すうちにお互いを認知し合うようになる。 ある日、千夏の親の海外転勤が決まる。それに伴い […]

  • 2021年10月3日

逃げ上手の若君 / 松井優征 1巻 感想

↑試し読み、購入できます。(画像クリック) 1333年、鎌倉。幕府の後継である北条時行は、文武の才は無いが逃げることに関しては誰よりも秀でていた。 幕府に仕えていた足利高氏は誰からも信頼され武士の鑑と呼ばれていたが、幕府と敵対する後醍醐天皇と密かに内通し、謀反を起こした。 一瞬のうちに幕府は壊滅。鎌倉にも手が及び、時行の家族・故郷は壊滅。絶望の淵に立たされた時行の前に現れたのは信濃の国の神官、諏訪 […]

  • 2021年10月3日

山田くんとLv999の恋をする / ましろ 1巻 感想

↑試し読み、購入できます。(画像クリック) ネトゲで彼氏に浮気されフられた木之下茜。フられた腹いせにモンスターを狩っていると、アフロの能面アバターと鉢合わせた。同じギルド内の山田だったが、絡みは少なく、フられたことを愚痴るも山田は全く関心がなく軽くあしらわれてしまう。 ある日行われたゲームイベントにて、元彼を見返そうと参加した茜。そこであるイケメンの男に助けられる。ゲーム内の山田と同じ言葉をかけら […]

  • 2021年9月27日

勇気あるものより散れ / 相田裕 1巻 感想

↑試し読み、購入できます。(画像クリック) 明治七年、元会津藩士の鬼生田春安は戊辰戦争で家族を亡くし、戦に負けて以降、独り身となり死に場所を探していた。 内務卿、大久保利通暗殺の任務のため、仲間と共に暗闇の中奇襲を掛けた春安。 すると籠から飛び出したのは一人の袴を着た女の子。剣の手練れで春安は苦戦するが、一太刀を浴びせる。 しかし彼女の髪が白く染まると同時に、傷が塞がっていく。呆気にとられる間に春 […]

  • 2021年9月25日

ブルーピリオド / 山口つばさ 11巻 感想【ネタバレあり】

↑試し読み、購入できます。(画像クリック) 【あらすじ・感想】 佐伯先生が開く絵画教室でバイトを始めた八虎ですが、癖のある子供達を相手に苦戦しっぱなし。 問題児の翔也を筆頭に、とにかく舐められっぱなしの八虎。 ある日翔也に、「ピカソを知らない」と煽られ、ムキになった八虎は橋田と共に美術館へピカソを観覧に行きます。 そこでピカソの凄さ、アートの奥深さを知ることになります。   橋田の博識ぶりは毎度驚 […]

  • 2021年9月23日

東京卍リベンジャーズ / 和久井健 24巻 感想 【ネタバレあり】

↑試し読み、購入できます。(画像クリック) 10年前にタイムリープしたタケミチ。高校二年のみんなは少しだけ大人びていた。 東卍が解散して二年。勢力は「六破羅単代(ろくはらたんだい)」「梵(ブラフマン)」「関東卍會(かんとうまんじかい)」の三チームの三つ巴状態。 関東卍會を率いるマイキーの本当の救いのため、タケミチはマイキーをぶっ飛ばすことを決意する。 ドラケンから連絡があり会いに行くタケミチ。そこ […]

  • 2021年9月22日

コミティア137 感想

初めての本、初めてのイベントということで新鮮な気持ちで参加出来ました。 設営完了後はこんな感じ↓ 実際、コミティアは一般参加もしたことがなく、サークル参加が初めてのコミティアということになりましたが、良い経験が出来たと思います。 本は一冊売れれば目標達成だ、と思っていましたが、意外にも6冊売れました。 というのも、同じような本を出している方々から声を掛けてくださったり、お隣の方にも声を掛けていただ […]

  • 2021年9月20日

青野くんに触りたいから死にたい / 椎名うみ 1巻 感想

↑試し読みできます。(画像クリック) 高校二年の刈谷優里は隣のクラスの青野くんに恋をした。 思い切って告白してみると返事はOK。二人は付き合うことに。 幸せの絶頂だった優里だが、ある日突然、青野は交通事故で亡くなってしまった。 付き合って二週間で死に別れた彼。もう死ぬしかないと思い詰めていた優里の前に現れたのは、青野だった。 【感想】 幽霊の彼と女子高生の物語。 男女が求め合う様子を描きつつもラブ […]

  • 2021年9月17日

コミティア137 ひ06b バムそら 漫画の帰り道-漫画感想日記-

ブログを始めて一年ちょっと、なんとなしに応募したコミティア137の抽選に通り、漫画の感想本を出すことになりました。 誰に需要があるのか…というのは置いておいて、一つの経験として記憶に残せればなあと思っています。 元々絵も描けませんし、物語も作れませんし、クリエイティブな才能は何一つないもので、出す側として同人イベントを経験するということは全く考えていませんでしたので、少し楽しみではあります。 一応 […]

  • 2021年9月11日

スキップとローファー / 高松美咲 1巻 感想

↑試し読みできます。(画像クリック) 進学のために石川県の田舎から東京へ出ることになった岩倉美津未。 勉強は得意。でもどこか抜けている美津未は初日から電車を間違え入学式に遅刻しそうになってしまう。 駅で偶然出会った、同じ新一年生の志摩と一緒に急いで学校へ。何とか間に合うが、初日から色々と失敗ばかり。 それでもマイペースな美津未。天然で面白くどこか放っておけない、そんな美津未を気にかけるクラスメイト […]

  • 2021年8月30日

ウマ娘 シンデレラグレイ / 漫画:久住太陽、脚本:杉浦理史 4巻 感想 【ネタバレあり】

↑試し読みできます。(画像クリック) 運命の日本ダービーのレースがスタート。サクラチヨノオー、メジロアルダン、ヤエノムテキ等実力の拮抗する中、ゴールを一番に駆け抜けたのはサクラチヨノオー。 オグリキャップは、日本ダービー出場は叶わず、NZTでのレースを一着で終えたところだった。 クラシック登録を逃し、会長自ら直談判をするも結果は覆らなかった。しかし、伝統あるルールの改定を検討することになるという、 […]

  • 2021年8月30日

ダイヤのA actⅡ/ 寺嶋裕二 28巻 感想 【ネタバレあり】

↑試し読みできます。(画像クリック) 1-0のビハインドで迎えた8回。チャンスでバッターは白州。天久のボールを捉えセンター前へ。青道は土壇場で同点に追いつく。 続く御幸もチームメイトのエネルギーに背中を押され、センターオーバーのタイムリーツーベース。ここにきて試合をひっくり返す。 9回も沢村が続投。ランナーを一人出すも、4番・星田をゲッツーにしとめゲームセット。準決勝は2-1で青道が粘り勝ちをおさ […]

  • 2021年8月30日

ガチ恋粘着獣 ~ネット配信者の彼女になりたくて~ / 星来 3巻 感想 【ネタバレあり】

↑試し読みできます。(画像クリック) 大炎上から一年、大型配信フェスの依頼が掛かったコズミック。炎上以降は真面目に活動を重ね、数字を更に上げるために出演は前向きに考えていた。 カフェで働く花織琴乃はコスモに入れ込んでいるが、ガチ恋勢を軽蔑し、自分はコスモには迷惑をかけない「本当のファン」であることを自負していた。 ある日、ガチ恋の一人がコスモと接触する。高校生のゆっこは街で出会ったコスモを家まで追 […]

  • 2021年8月29日

ガチ恋粘着獣 ~ネット配信者の彼女になりたくて~ / 星来 2巻 感想 【ネタバレあり】

↑試し読みできます。(画像クリック) コズミックの配信拠点に押し掛けた雛姫とりこめろ。コスモと出会い、スバルと連絡を取るが、そこでスバルが今彼女と一緒にいることが知られてしまい、スバルの本性が暴かれてしまう。 スバルの正体を知った雛姫とりこめろはスバルに怒りをぶちまけるが、それでも好きという感情を消すことは出来なかった。 りこめろはスバルの裏の顔を暴露系配信者に売り、スバルを社会的に殺すことに。 […]