ふだつきのキョーコちゃん / 山本崇一郎 2巻 感想 【ネタバレあり】

ふだつきのキョーコちゃん / 山本崇一郎 2巻 感想 【ネタバレあり】

ふだつきのキョーコちゃん(2) (ゲッサン少年サンデーコミックス) amazonで購入

日々野さんがクッキーを焼いてきたが、激烈にまずい…無理して食べるケンジだが、キョーコが血を吸った際に変な物を食べたと感づかれてしまって…。

ケンジはこれ以上キョーコに誰も近づかせないように悪名をばらまいていた。
するとある日、日々野さんが手入れしている花壇が誰かに荒らされてしまう…。ケンジのせいだと周りは言うが、見過ごせないケンジは犯人探しに向かうのだった。

キョーコに近付く空手部の女の子。単純に仲良くしたいだけなのだが、キョーコは遠ざけてしまう。キョーコに友達がいないことに気付いたケンジは空手部の女の子に友達になってくれるよう頼み込むが…。

【感想】

1巻同様、純粋に楽しめました。
最後の空手部の子の話については、なるほどなと感心するオチ。
本当は友達になりたい、でも迷惑をかけるかも、ケンジに心配をかけるかも、と気にしてしまうキョーコ。
ケンジに背中を押されるも、なかなか素直になれない。そこで、リボンを外したときのキョーコを活用する。
リボンの設定をこういう流れで使うとは、キョーコの性格を使った上手い展開だと思いました。

また、この巻からペットが増えます。
うり坊のウリウリ。花壇を荒らす犯人ですが、そのまま居着くことに。こういうキャラが後々使えたりするんですよね。

2巻はむしろ1巻よりも面白く読めた気がします。この著者の間が好きですね。作者買いして間違いない方です。

ふだつきのキョーコちゃん(2) (ゲッサン少年サンデーコミックス) amazonで購入

コメント