ゆうべはお楽しみでしたね / 金田一蓮十郎 5巻 感想 【ネタバレあり】

ゆうべはお楽しみでしたね / 金田一蓮十郎 5巻 感想 【ネタバレあり】

ゆうべはお楽しみでしたね 5巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックス) amazonで購入

5.0

転勤を了承したたくみ。寂しさを抱えながらも大阪への引っ越し準備を進める。
しれっとしているみやこだが、みやこも当然、寂しさを感じていた。

大阪での仕事は忙しくも、期待に応えたい一心で励むたくみ。みやことはドラクエの繋がりもあり遠距離でもそれなりに楽しく過ごせていた。

みやこは連休のタイミングで大阪に向かい、久しぶりに顔を合わせた二人。USJへのデート、いつものドラクエ。短い時間の中、目一杯楽しんだ。近くにいるときほど、会えなくなることを感じ寂しくなる、遠距離の寂しさをより強く感じる二人だった。

遠距離恋愛について、みやこは考えていた。交通費もバカにならない。たくみとは、ルームシェアを含めればそれなりの付き合いになる。それならいっそ…?と思うみやこはたくみに、いつか結婚しないかと尋ねる。

たくみは、結婚というものに現実感がなく、自分には縁遠いものと思っていた。しかし、みやことの出会いが全てを変えた。結婚が遠かったのは、みやこと出会っていなかったから。ただそれだけ。そう思えたたくみは、みやこに返事をする。二人は結婚の約束を結び、みやこは東京へと帰るのだった。

【感想】

転勤を受け、大阪に行くことになりました。遠距離恋愛のスタート。ルームシェアという最大の近距離から、突然の遠距離にシフト。それも付き合い始めてすぐ。
普通の恋愛漫画よりも何重も心の動きが繊細になりそうな中で、ちゃんと描いてくれてる。しかもドラクエのプロモーションは欠かさず。すごいですね。

みやこのデレも何度か発動して、そうこれだよ…という感じです。たくみも4巻の終わりを経て少し成長したような雰囲気で、みやこのハグにも優しく接します。二人を見ていると、すごく安心します。

結婚前の同棲は必要だと個人的には思っているのですが、付き合う前のルームシェアは滅多にないでしょうから特例を見させてもらっている気分。
一緒に住んでいるからこそ、みやこの言うとおり付き合い始めた次巻で結婚話。早くはないです。漫画としてもこれくらいがちょうど良い。みやこは頭も良く思い切りもいいので見ていてストレスを感じませんし、たくみの引っ込み思案な性格へのツッコミが面白い。でもちゃんと愛があるのでイヤな感じもしなくて、バランスの取れた二人だなあと思います。

付き合い始めてから、そういうシーンはなく結婚話まで辿り着きますが、この流れで今、夜の話をちゃんと描かれてもそれはそれで早いです。通常の流れとしては早くないですが、この物語とこの作品の立ち位置的には早い。
少女漫画や、女性向け漫画では惜しみなく通常の流れで夜の話を描きますが(むしろ早すぎるときもある)、今作はそのジャンルとは切り離して考えるべきで、それが正解だと思ってます。今作の良さは心情はリアルでありながら、あくまでフィクションとしての面も強いというところ。生々しい描写が入るとせっかくのフィクション的な良さが死ぬので、もうちょっと待ちたい。

まあ、いずれは描いて欲しいのですが…。笑

あと個人的に、結婚を切り出されたときのたくみのモノローグが非常に良かったので少し書きます。

子供心に、いつか大人になれば結婚はするものと思っていたものが、実際はそうではなかった。しかし周りはその、子供の頃思っていた通りの人生を歩んでいる。それが当たり前ならば、自分は何か大事な部分が欠けた状態で生まれてしまったのではないだろうか。それでもゲームやアニメで毎日楽しく過ごしていた。人として何かが欠けていたとしても。そんな中で出会ったみやこ。
下記引用です。

ゴローさんと出会って欠けていたのは人として大事な何かじゃないと気が付いた。

みんなきっと一緒にいたい人に出会えたから自然にそうなったんだ。その出会いが遅いか早いかそれだけの違いだったんだろう。

俺に欠けていたのはきっと……

何と言いますか、個人的によく思っていたことを代弁してくれたような、ああ、だからこの作者さんの作品が好きなんだなと再確認したような、少し嬉しい気持ちになりました。

結婚もお付き合いも、全てタイミングで、全て偶然。その偶然の確率を上げるために頑張る人は頑張るし、何もしない人は何もしない。
頑張った人が全く報われないこともあれば、何もしなくても良い出会いが訪れることもある。結局、自分に合う人と出会えるかどうかは、偶然で、運命なんですね。

「偶然でも、運命だって言おう」

メレンゲという好きなバンドがいまして、そのバンドの「エース」という曲の歌詞の一部ですが、まさに的を射ていると言いますか。意味は同じなんです。ただ「運命」というワードの力が強すぎて、多用できないだけで。だからその人にとって嬉しい出来事なら、それはもう偶然じゃなくて運命だと、恥ずかしがらずに言っていいんじゃないかと、そう思わせてくれる良い歌詞。
メレンゲは他にも歌詞でぐっと来る曲が多いのでおすすめです。

「偶然」出会ったたくみとみやこ。それは間違いなく運命なんです。現実でもそう。1億人以上いる日本人の中で出会えたこと自体奇跡なので、一つ一つ大切にしていきたいですね。

巻の話と逸れましたが、以降は結婚に向けて進むお話。結婚がゴールなのか、その辺は分かりませんが、二人の生活を描いてくれるだけで今作には需要があると思うのでもうしばらく続いてくれると嬉しいですね。

ゆうべはお楽しみでしたね 5巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックス) amazonで購入

コメント