【推しの子】 / 原作:赤坂アカ、作画:横槍メンゴ 4巻 感想 【ネタバレあり】

↑試し読みできます。(画像クリック)

恋愛リアリティショーの終了。あかねとアクアは表向きは交際を続けることになりますが、あくまで仕事上の付き合い。

あかねは好意を抱いていますが、アクアは女優としてのあかねに興味があるだけ。
それでもお互いの利害は一致しているため関係は続きます。

 

【推しの子】 4巻


そして出演者だったMEMちょがB小町のメンバーに。元々アイドルを夢見ていた彼女をアクアが引き入れます。

MEMちょは人気youtuberということで、それなりのファンを引っ張ってこれるというメリット有り。これで三人メンバーとなり、体裁としては良い形になったかなと思います。


アクアは今ガチのプロデューサーと食事に。そこでアイの過去を話します。

アイに「劇団ララライ」という劇団を紹介し、そこでアイは変わったという。一気に大人の顔に変貌したアイ、誰かに恋をしたのではないかとプロデューサーは踏んでいました。

今回の恋愛リアリティショーへの出演は、あくまで情報を探るため。最終的な収穫はこの情報と、プロデューサーとのコネ。
芸能界は横の繋がりが全てのようなので、アクアがショーで結果を出したことは結果的にこの後の展開を大きく左右することになりそう。

 

【推しの子】 4巻


新生B小町。プロデューサーのコネでアイドルフェスに出ることになり、早速練習を始めます。

まずセンターを誰にするかで揉めますが、歌が絶望的なルビーとMEMちょ。必然的にかながセンターを余儀なくされますが、かなはセンターはやりたくないと言います。

子役時代に売れて、それからは泣かず飛ばずのかな。それでも一生懸命やってきたかなですが、結果が出ていないことでどんどん卑屈になっており、私がセンターでは迷惑をかけるという思いが。

【推しの子】 4巻

高飛車で調子の良いイメージがありましたが、実はかなり繊細で周りのことを思える性格。だからこそ、相応しくないと思ってしまい中々思い切りよくいけない。

それでも二人がああなので、センターをやることに。重圧に押しつぶされそうな気持ちを堪えて、アイドルフェスに挑みます。

【推しの子】 4巻
【推しの子】 4巻


ライブ中、客席で応援するアクアを見て発憤するかな。ルビーとMEMちょは、歌に難がある物の、人を引きつけるポテンシャルはあり、三人のライブは大成功で幕を閉じます。


話は変わり、とある人気漫画の舞台化に伴い、キャストの声が掛かったあかねとアクアとかな。

2.5次元と呼ばれる、漫画作品の舞台。劇団ララライも協力する舞台と言うことで、アクアは二つ返事で了承。あかねとかなは子役時代の因縁があるようでバチバチです。

あかねとかなはアクアを狙っており、ラブコメとしても一波乱ありそう。個人的にはそれよりもアイの過去についての進展を期待しますが果たして。

4巻は有馬かなの葛藤が大きくピックアップされていた印象で、B小町がアイドルとして1ステップを踏んだ巻でした。

1巻ごとに区切りを入れて着々と進めていく構成は中々。アイの話の進展が薄かったのは残念でしたが、次巻も楽しみ。

created by Rinker
¥659 (2021/09/19 20:45:38時点 Amazon調べ-詳細)