久保さんは僕を許さない / 雪森寧々 1巻 感想

久保さんは僕を許さない / 雪森寧々 1巻 感想

久保さんは僕を許さない 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL) amazonで購入

3.0

他人より存在感の薄い主人公、白石。
それに気付いたのは、卒業アルバムの集合写真で、写っていたのに写っていないと思われ端に合成されていたときだった。

日常的に他人から気付かれず、青春を謳歌できないことを少し気にしている白石。ただ、なぜか隣の席の久保さんだけはよく話しかけてくれる。彼女は、白石に気付いている。

存在感のない「モブ」な白石と、そんな白石に興味のある久保さんとの脱力コメディ。

【感想】

「存在感が薄い」にも限度はありますが、そこは漫画の良いところで、ありえない気付かれなさを何度も経験する白石です。

久保さんにからかわれ、遊ばれる白石の構図が基本的な流れで、「からかい上手の高木さん」の高校生版と言ったところでしょうか。(「高校」とは描かれていませんが、おそらく高校生だと思います)

高木さんはコメディに寄った、いかにも中学生というようなやりとりですが、
こちらは少し大人に近づいたラブコメ的なシチュエーションが多め。

やはり女性の方が上を行くのはどういった場面でも同じなようで…してやられるのはいつも白石。青春に対して少し憧れがある分、色々なダメージを受けていますが…良い意味で、ですね。
ただ、白石の能面ぷりから感情がいまいち読みとれず、急に溢れ出したりするので正直何考えてるのかよくわからない主人公です。

絵のタッチがやわらかくて、デフォルメも多用するのでなんだか定まらない絵柄ですが、雰囲気とはマッチしていますね。

一話完結でさくさく読めるので、女→男のやりとりが問題なく、初々しい雰囲気が好きであればおすすめです。

久保さんは僕を許さない 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL) amazonで購入

コメント