ダイヤのA / 寺嶋裕二 44巻 感想 【ネタバレあり】

ダイヤのA / 寺嶋裕二 44巻 感想 【ネタバレあり】

ダイヤのA(44) (講談社コミックス) amazonで購入

ランナーを置いた状態から緊急登板の沢村。1点は失いますが、練習で見せた綺麗なストレートを投げ込み後続を断ちます。

対するピッチャー・轟は制球が定まらず四球で満塁に。しかし御幸に対しては闘争心をむき出しにし三振に打ちとります。続く前園はストレートに何とか食らいつき、犠牲フライで同点に追いつきます。

なおも制球の定まらない轟に変わってエース真田の登板。樋笠を打ち取りピンチをしのぎます。

ここで青道ベンチは、前園が御幸の体の違和感について追求したことにより一時騒然。動揺するベンチですが、監督の激励により切り替え、御幸は出来るところまでプレーすることとなります。

その後、轟、真田にヒットを打たれた沢村は平畠にスクイズを決められ、逆転を許してしまいます。

薬師1点リードのまま、試合は中盤へ…。

【感想】

沢村、出ましたね。川上が不憫ですが期待の沢村。この状況での1点は仕方ないと見ましょう。ポテンでしたし、十分役割を果たしたと言えますね。

心配なのは、御幸。らしくないプレーが続きついに怪我がバレてしまいます。前園はやはり空気を読めないので倉持の気遣いが痛い…。

それでも監督の言葉のパワーはすごい。その場を変える力があります。
ここまで全員野球で勝ち上がったきた青道。それは全て監督がトップとして立っていたから。
落合コーチも、既に心の底では自分はこのチームには必要ないと思っている。
そんな監督の言葉に全員が心を動かされ、再起する。
チームの形として、非常に良い。バランスの取れた本当に良いチーム。

御幸はヘマしたら代えられると脅され(?)ましたが、それは当然のことですので意地を見せてもらいたいところ。倉持の言うとおり、倒れるなら最後に。

薬師は真田を出したのでここからは投手戦にもなり得ます。降谷の出番もあるかもしれません。雷市にもまだ打席は回ります。
リードされた青道がここからどう追い上げるのか、真田攻略の鍵は。まだまだこれからです。

ダイヤのA(44) (講談社コミックス) amazonで購入

コメント