うるわしの宵の月 / やまもり三香 1巻 感想

うるわしの宵の月 / やまもり三香 1巻 感想

うるわしの宵の月(1) (デザートコミックス) amazonで購入

4.0

女子高生の滝口宵は、すらっと伸びた体とその端整な顔立ちから、男と見間違えられることが多かった。周りからは「王子」と呼ばれ、そのことに辟易している。

ある日、市村という先輩の男子と出会う。市村も「王子」と呼ばれるほどの恵まれたルックスを持っていた。

宵を男だと勘違いしていた市村だが、女性だと知り興味を持った。
男とは縁のなかった宵は近づいてくる市村に戸惑いながらも、王子と呼ばれることへの自分の気持ちを吐露する。
ありのままでいいと言う市村は、女の子として肯定するために宵をお姫様抱っこするが、照れてしまった宵はその場を離れてしまう。その宵の反応を見た市村は、大きく心を動かされる。

王子と呼ばれこれまで男に縁のなかった宵に、初めて言い寄る男が現れた。その男、市村もまた、王子と呼ばれる男だった。

スポンサーリンク

【感想】

「ひるなかの流星」「椿町ロンリープラネット」のやまもり三香さんの最新作。
両方未読ですが、今作は中々面白いです。

男に間違われるほど綺麗なルックスの女子、滝口宵。相手はこれまたルックス抜群の男、市村。

 

うるわしの宵の月 1巻

うるわしの宵の月 1巻

男性経験の乏しい女子、ということで今作は、格好良すぎて男子から恋愛対象に見られないというヒロイン。そんなヒロインに言い寄る男、市村。格好いい=美しいと感じてとにかく興味を持つ市村。初めは興味本位だったものの、宵が今までにいないタイプだったからか少しずつハマっていきます。

といっても恋愛対象という感じではなく、かなり軽いノリ。市村自体、王子と言うには違和感があるほど素行は良くないです。悪いことをしているわけではありませんが、態度や行動には少し品がない。本当、見た目だけで王子と言われているよう。

落ち着きがあるのでチャラいとまではいかなくとも、軽いのは確かで、市村のキャラが個人的には引っかかるところですが…宵を押す側としてはこういったタイプの方がいいのかも。

 

うるわしの宵の月 1巻

何より、宵の初々しい反応や心の動きが今作の見所で、一番のポイント。性格も男勝りなところがあるのでそのギャップがかわいくて面白い。実際そこで市村にスイッチが入りますが、この辺りは読者も同じでしょう。

 

うるわしの宵の月 1巻

うるわしの宵の月 1巻

そして後半ではある決断をしますが、その流れからの巻またぎになるため次巻が割と気になります。

物語も設定もシンプルで、画面もうるさくなく全体的にかなりすっきりした印象。セリフも少ないので読みやすいです。絵も綺麗ですし。一歩間違えると単調で中身がないように見えそうですが、あまりその不安はないですね。メインキャラ二人の心情が1巻でしっかり描かれているので、通して面白く読めました。

 

↓試し読みできます。(画像クリック)

コメント