性別「モナリザ」の君へ。 / 吉村旋 1巻 感想

性別「モナリザ」の君へ。 / 吉村旋 1巻 感想

↑試し読みできます。(画像クリック)

4.0

幼少期には性別が確定していない世界。12歳を境に、自分がどちらの性になりたいかという気持ちに従い体がその性別へ変化していく。
それが普通の世界で、主人公のひなせは18歳になった今も自分の性別が決まっていなかった。

ひなせの友人のりつとしおり。三人は同じ学校で仲良くしていたが、りつとしおりは二人とも、ひなせに好意を抱いていた。
ある日、女であるりつは、ひなせに告白をする。性別が決まらないのなら、私が男にする…と。
同じ日、しおりもひなせに告白をした。性別が決まらないのなら、俺が女にする…と。

これまで変化のなかったひなせの心と身体に少し変化が見られた。二人から告白されたひなせの性別と恋の行方は。

スポンサーリンク

【感想】

不思議な世界設定で繰り広げられる恋と主人公の心の移ろいを描いた作品。

性別が12歳になるまで決まらないというSFチックな設定。身体は12歳までは全員中性的。それから徐々に変化していくというようです。小学生の間はみんな性別無しなんですね。

18歳になるまで性別が決まっていない主人公のひなせ。そのことについて悩み、病院にも通っています。

 

性別「モナリザ」の君へ。 1巻

メインは友人とのラブコメ。
友人二人から告白され、男になるか女になるか、告白にどう答えるのか、というのが大筋。二人の告白が描かれる1話の展開は見事で引き込まれました。

性別「モナリザ」の君へ。 1巻

性別「モナリザ」の君へ。 1巻

友人三人は仲が良く、告白についても結局みんな知ることになり、それでも特に嫌な空気になるわけでもなく、あくまでひなせの気持ちの描写をメインに描いているところが普通の三角関係よりも健全な印象です。

女性の「りつ」、男性の「しおり」というのも、名前のイメージはどちらとも取れますがどちらかというと逆かなというギミック。普通は生まれる前から性別がわかりますので、名前も性別ありきで付けますが、この世界では中性的な名前にせざるを得ないということでしょうね。

ひなせの心と身体がこの告白によって少しずつ変化を見せていき、最終的なひなせの決定が性別にも影響するのかなというところ。ただ、今のところ完全に真ん中で先が見えないです。
また、この「性別が決まらない」ということが世界的にレアな症例として認識され、なんとその症例の人間は…という主人公の置かれた境遇が結構な問題であるという設定も。

別に性別が決まっていなくても恋は成立するような気もしますが、肝心のひなせがそもそも恋愛や性欲に関心が無なので今のところ厳しそう。
りつとしおりにとっては、ひなせの最終的な性別がイコール告白の答えみたいになってますが、ひなせの性別が決まったとしても恋愛感情を持つこととは別なのでどうなることやら。

SFというにはかなりライトなので、不思議な設定のラブコメという気持ちで読んだ方が楽しめると思います。1巻のまとまりは良くて面白かったですね。

ちなみに本文が2色刷りで所々青色が混じってます。意図はよくわかりませんが、独特な雰囲気は出ています。

 

試し読み、購入はこちらをクリック!

性別「モナリザ」の君へ。 / 村旋 1巻

コメント