満州アヘンスクワッド / 原作:門馬司、作画:鹿子 1巻 感想

満州アヘンスクワッド / 原作:門馬司、作画:鹿子 1巻 感想

満州アヘンスクワッド(1) (コミックDAYSコミックス) amazonで購入
4.0

関東軍の兵士として満州にやってきた日方勇。貧しい家庭の長男で、気が弱く争い事は苦手だが植物の知識には長けていた。
ある日、戦地で右目に負傷を負い、軍の食糧を作る農業義勇軍への配属となる。兵士として稼いでこれなかったことを悔やみながらも、母親は勇の帰りを喜んでいた。

そんな折、母親がペストに感染。進行も早く数日で命の危機という事態に、勇はペストに効く薬を買うためにどうしても金が必要になる。

右目の視力を失ってから、鼻が利くようになった勇は、ある時農場の外れで阿片芥子の栽培所を見つける。義勇軍の先輩である陣内がこの阿片を栽培しており、口封じのため勇を殺そうとするが妹のセツが助けに入り、陣内を殺害。

母親を助けるために金が要る。見つけた阿片を手に、勇は中国の秘密組織、青幇へ乗り込んだ。

【感想】

昭和初期の満州が舞台。日本人の青年が母親を助けるために阿片の密売に手を出すところから。

軽いネタバレになるかもなので見たくない方は戻って欲しいのですが、
大まかなストーリーとしては青幇のボスの娘である麗華(リーファ)と勇が手を組み、麗華は満州のトップを目指すために、勇は二人の弟妹と暮らすための資金を稼ぐために、阿片の密売を始めるという話。
利が一致した二人ですが、元々裏社会の人間である麗華に対して、勇は一般人。裏社会で阿片を巡りどんなヤバい話が待ち受けているのでしょう。

満州アヘンスクワッド 1巻

何度も言いますが僕は歴史は全くの無知ですので、時代考証や史実との付け合わせ等は出来ず作品をそのまま受け入れるだけという前提で話すと、面白く読めました。正しいかどうかは置いておいて、雰囲気は抜群。

痛々しい描写や阿片中毒者の描写など少し過激な部分もあるので、好んで読むかと言えばそうでもないですが…満州の裏社会を巡ってこれからでかい話が動くのかと思うと少しワクワクしてきます。

勇の作る阿片は普通の阿片よりも効き目が異常に強く、吸った人間は瞬間的に人格がぶっ壊れるほど。実際の阿片がどんな薬物なのかはよく知りませんが、単純に「普通の阿片じゃないよ」という表現を大げさにしまくった描写があり、ギャグ的に入れられるその1ページは少しネタ化して作品の雰囲気を壊している気もしなくもないですが…。

絵に関してはかなり上手で、タッチがこの作品に合っていますね。阿片中毒者は見れたものじゃない。逆に、表紙にもなっている麗華の色っぽさは目を見張る物があり、この作品の華。彼女が出ていると少し落ち着きます。

満州アヘンスクワッド 1巻

クスリやら暴力やらの裏社会モノはあまり好みではありませんが、勇の真っ直ぐさがこの作品では好印象で少しソフトな印象を受けます。1巻は正直、序章と言ったところで、本格的には2巻からですね。勇と麗華のタッグがどれだけ青幇をかき回すことが出来るのか、続きも気になるところです。

↓試し読みできます。(画像クリック)

コメント