ふだつきのキョーコちゃん / 山本崇一郎 5巻 感想 【ネタバレあり】

ふだつきのキョーコちゃん / 山本崇一郎 5巻 感想 【ネタバレあり】

ふだつきのキョーコちゃん(5) (ゲッサン少年サンデーコミックス) amazonで購入

ケンジはヒカリの告白の練習相手になるが、ヒカリは練習で疲れ切ってしまい本番はまた今度。

ケンジの素行の悪さを更生させようと、学校からプール掃除の指示が。日々野さん、日々野さんの友達、友ちゃん、キョーコも加わりみんなで。
最近ヒカリと仲のいいケンジに少し嫉妬してしまう日々野さんは、ケンジに少しでも近付きたくて…?

ギリギリを狙いすぎて赤点を取ってしまったケンジ。キョーコとヒカリも赤点を取ってしまい補修に。
キョーコとヒカリは二人で補修中、空手部部部長で生徒会長の神藤が現れキョーコに近付く。ケンジの悪行を暴き退学に追い込むのだという。
キョーコにも関心があるようだが、果たして…?

【感想】

ヒカリの告白イベントは不発に。これは決着が付くのでしょうか。ヒカリの女の子部分が唯一表れるエピソードなので、結末は用意してほしいですね。

日々野さんはだんだんケンジへの思いが表に。そろそろ自覚しているのではと。この二人が一番ウブで尊い恋愛してます。

そしてまたまた新キャラ。生徒会長。キョーコに近付いていきますが…危険度はなく、変人として去っていきました。悪いヤツじゃないけれど、ケンジにとっては面倒な相手になりそうです。

そういえばどこかの感想で、「毎話進展がない」「キョーコのキョンシーになったエピソードがほしい」みたいなのを見かけましたが、まあ、確かにその通りなんですが、そもそもこの作品の見方の問題で。

こういうコメディ物って理屈は正直どうでも良くて、何故キョーコはキョンシーになったのかとか、何で首咬んでも大丈夫なのかとか、こういうことをスルー出来る能力が読み手には必要で、作者が全てを説明する義務は全くないわけですね。

設定を練り込んだ重厚な作品であれば別ですが、こういったコメディは矛盾があって当然なので突っ込みどころが非常にナンセンス。

何を伝えるかという意味で、キョーコとケンジの周りの日常エピソードと、キョーコのギャップ萌えがあれば、極端な話、他のことは付属品くらいでいいです。
ストーリー物でもないので、日々野さんとケンジの恋愛や、ヒカリの思い人の話などは、ある程度のところで落としてさえもらえれば満足です。
それだけ、この作者にはキャラクターを魅力的に描く力があるので、それで十分満足できるんです。

まあ、この作品に限りませんが、何でも求める読者も多いので難儀さを感じてしまいますねえ…。

ふだつきのキョーコちゃん(5) (ゲッサン少年サンデーコミックス) amazonで購入

コメント