はなにあらし / 古鉢るか 1巻 感想

はなにあらし / 古鉢るか 1巻 感想

試し読み、購入はこちらをクリック。

3.0

同じ女子高に通う千鳥となのは。二人は親友でありながら恋人同士。ただし、この関係は二人だけの秘密。人目をはばかりながら、二人の交際は続けられる

スポンサーリンク

【感想】

女子高生同士の恋愛を描く、オーソドックスな百合作品。
付き合っているということを周りには秘密にしているため、「禁断」感が非常に強いですね。それでもあまりいやらしい雰囲気はなく、プラトニックなやり取りが微笑ましい。

千鳥はクールで大人しいタイプ、なのはは明るくて少しお馬鹿っぽいタイプ。性格の違う二人ですが、お互いが好きでとても照れ屋だというところは共通。この照れの破壊力は毎話爆発しています。付き合って数日かというくらいの甘々なシーンが満載。

二人が付き合うまでのエピソードが後半にありますが、この1巻の構成はアリですね。結局、今作の読者層は甘い百合が目当てになるでしょうから、初っ端からフルスロットルのこの1巻は需要を分かっているなあという感じ。キャラクターの掘り下げという意味では1巻で前日譚を挟んだのは個人的には嬉しい。

全体的に突出したものはないのですが、スタンダードな百合モノとしては良作で、百合好きの方なら外れにはならないかなと思います。

試し読み、購入はこちらをクリック!
はなにあらし / 古鉢るか 1巻

コメント