ダイヤのA actⅡ/ 寺嶋裕二 17巻 感想 【ネタバレあり】

ダイヤのA actⅡ/ 寺嶋裕二 17巻 感想 【ネタバレあり】

ダイヤのA act2(17) (講談社コミックス) amazonで購入

青道vs由良総合工科。夏予選三回戦。
力みが取れない沢村は立ち上がりからヒットと四球を許し、あっさり先制されてしまう。

青道もすぐさま1点を返すが、4回、沢村はまたもや四球で崩れてしまう。

これ以上隙を与えたくない青道、片岡監督は沢村を下げ、川上をマウンドに送る苦渋の決断を下す。

後をピシャリと締めた川上。
打線は御幸のホームランを皮切りに逆転。勢いを付けた青道はこのまま逃げ切ることが出来るか。

【感想】

エースとして初のマウンド。沢村は気負いからかいつものピッチングが出来ませんでした。
気持ちは誰よりも乗ってる。降板後の御幸の「もっと力になってやりたかった」というセリフが、重い。

そんな御幸が気持ちをぶつける同点ホームラン。その後逆転と、沢村を励ますかのような打線の繋がり。これが青道というチームですね。

地力では青道の方が有利。そのため榊監督はとにかく采配で揺さぶりをかける。今まで対戦した監督の中でも、トップレベルで厄介な監督のよう。

リードする青道、こんなところで負けるわけにはいかない。残りイニング全員野球で凌げるかどうか、熱い展開です。

ダイヤのA act2(17) (講談社コミックス) amazonで購入