乙嫁語り / 森薫 6巻 感想 【ネタバレあり】

乙嫁語り / 森薫 6巻 感想 【ネタバレあり】

乙嫁語り 6巻 (HARTA COMIX) amazonで購入
乙嫁語り(6) (ビームコミックス) [ 森薫(漫画家) ] 楽天で購入

5.0

アミルの父親、ハルガルはヌマジに嫁いでいた娘の死を受けて、この地一帯の有力者であるヌマジから受ける恩恵がなくなり焦っていた。

牧草地を追い出され、事態は逼迫。生き残るためにはどこかから奪うしかない。そこで目を付けたのが、アミルの住む街だった。

同じ先祖を持つバダンの手を借り、街に攻め込むハルガル達。アミルの実の兄、アゼルや従兄弟のジョルク、バイマトも父親の命で攻め込むが、三人はこの襲撃には否定的だった。

ジョルクはアミルにいち早く危険を知らせ逃げるよう促すが、アミルは戦うことを宣言。街の人達もハルガル達を迎え撃った。

防戦一方の街側だが、バダンの裏切りにより事態は一変。ハルガル達は退き、アゼルはバダンの一味に応戦する。

そこへ隙をついたアミルがバダンを矢で射抜き、長を仕留めることに成功。ハルガルはカルルクを狙うが、そこもアミルが助けに現れ、ハルガルを抑える。
仲間割れとなったハルガル家、バダン家はともに戦える者が減り、街側の勝利で終わる。

退いたハルガルは、後を追ったアミルの祖母に撃たれ死亡。アゼル、ジョルク、バイマトはこの騒動の説明のため、街に捕らえらた。

【感想】

この巻は今までとは打って変わり物騒な話に。自分勝手で傲慢なハルガルが、自業自得とも言うべき結果となり終わります。

アゼル、ジョルク、バイマトの存在が大きく、最後までアミル達の為に戦ってくれました。

結婚がその後の一族の生活に大きく関わるということで、テーマが結婚である本作にとって避けては通れない物語だったのかなあと思います。
個人的にはこの作品で死が絡む悲しい結末はあまり見たくないので、程々のところで抑えてほしいところですが、実際このエピソードは良いところで落ち着いたと思います。街にもそこまで大きな被害は見られなかったようですし。

戦闘シーンは中々迫力があり、絵が上手なので人の細かい動きがよく描かれていて、森さんは日常ものじゃなくても全然いけるなと思わせてくれます。これはこれで見応えがありました。

1巻から続いていたアミルの実家の不穏な動きはここで一段落。捕まったアゼル達の行く末は気になるところです。

スミスが出てきませんでしたが、しばらくはアミルの周りを描くのでしょうか。平和な日常だと嬉しいですね。

乙嫁語り 6巻 (HARTA COMIX) amazonで購入

コメント