ダイヤのA actⅡ/ 寺嶋裕二 3巻 感想 【ネタバレあり】

ダイヤのA actⅡ/ 寺嶋裕二 3巻 感想 【ネタバレあり】

ダイヤのA act2(3) (週刊少年マガジンコミックス) amazonで購入

成宮の圧倒的なピッチングで薬師を破った稲実。夏のリベンジに燃える青道にとっても、稲実の圧勝は刺激となります。

新一年生も練習に加わり、徐々に頭角を現してくる選手も。春大ではセンバツよりも二人多い20人のメンバー登録となりますが、二人を空きのままに。

その二人の枠に、一年生である結城将司、由井薫が選ばれます。

一年生を加えた新・青道ナイン準々決勝の相手は強豪、春日一高。先発に抜擢された沢村は結果を残せるのか。一年生の初試合は果たして…。

【感想】

新一年生のキャラが立ってきた巻となりました。ベンチ入りした二人に加え、他にも数人スポットが当たっています。

初めから注目されたのは結城の弟、将司と中学で日本代表に選ばれたキャッチャーの由井薫。

ただ、この作品で見所となるのはやはりまだ実力が発揮し切れていないキャラ。一年生がご飯を食べきれないシーンが多々出てきますが、ここでつまずくキャラほど後にでかくなるのは必然。
特に、御幸と沢村に食ってかかる奥村はかなり強烈。この歯に衣着せない物言いは大物。

また、沢村・倉持と同室でいつもおどおどしている浅田。未だに実力が不明ですが、何で青道に?というほどの弱気キャラ。
浅田も化けたら面白い。

実力が伴ってないからこそ、これからどんどん面白くなっていくのがダイヤのAの真骨頂ですので、未熟なキャラほど期待値が高いですね。

試合について、間に鵜久森vs帝東が入っています。
向井はセンバツ予選で前園に手痛くやられていますが、本来はめちゃくちゃ良い投手。結果、鵜久森は惜しくも負けてしまいます。どこの高校もレベルアップしている様を描いていますね。

準々決勝までトントンと上がった青道ですが、次の相手は強豪。沢村のピッチングと一年生に期待です。

ダイヤのA act2(3) (週刊少年マガジンコミックス) amazonで購入

コメント