ダイヤのA / 寺嶋裕二 40巻 感想 【ネタバレあり】

ダイヤのA / 寺嶋裕二 40巻 感想 【ネタバレあり】

ダイヤのA(40) (週刊少年マガジンコミックス) amazonで購入

【ネタバレあり】

成孔戦も大詰め。
ホームランを打たれた沢村ですが、10回も二人打ち取り、四番の長田。
ここで、川上にスイッチします。

長田の打ち気を逆手に取るインコースのスライダー。
抜群のコースに決まり見逃し三振。川上が重要バッターを打ち取り、裏の攻撃へつなげます。

クロスプレーで体当たりを受けた御幸は、体に違和感を感じます。
しかし周りには悟らせず、打席へ。
今まで勝負を避けてきた小川・枡バッテリーですが、最後の最後に勝負にかけます。

勢いを付けてきた小川の自信は枡にも伝わり、ここぞのボールを投げ込みますが御幸は狙い打ち。ライトスタンドへサヨナラホームランを打ち込みゲームセット。
準決勝は、青道の勝利で幕を閉じます。

次戦は薬師vs市大三高。
部を離れていた市大三の天才、天久が戻りチームを牽引。
対する薬師は破竹の勢いでここまで駆け上がってきています。

雷市のホームランから動き出した試合、決勝に上がるのはどちらのチームか。

【感想】

成孔戦は無事、青道の勝利。決めたのは御幸でした。
確実に怪我をしている描写がありましたが、試合中はアドレナリンが出ていてあまりプレーに影響しないとも言われますが、見事ホームラン。

投手の成長がよく描かれた成孔戦でしたが、そんな投手を後押しするかのようなキャッチャーのホームラン。
やる時はやる男ですねえ…。

試合が決まるときは一瞬。気付いたら、ゲームセット。小川はイラついていますが、これではなかなか成長は難しい。
枡がとても良いキャラなので、この敗戦を無駄にしないためにもサポートしてもらいたいものです。

次に描かれるのは薬師vs市大三高。
天久の変人ぷりがどんどん描かれますね。
今まで市大三のキャラはぱっとせず、強いて言えば真中がいましたが引退。

そんな中で出てきた変人。実力は折り紙付きのようなので薬師にどこまで力を見せるか。いきなりホームラン打たれましたけど…。

薬師はオーダーも監督の指示もおかしいのですが、ここまで完全に台風の目として勝ち上がってきています。
ただやはり、落合コーチも言うとおり、雷市が打ってこそというのはあります。
既に3安打放っている雷市ですが、雷市だけでは寂しい。ただ、実際雷市の力は強力。

その雷市と勝負をするか、しないか。
最後のページで片岡監督に落合コーチは問いかけます。

「エースのプライドか、チームの勝利か、あなたならどちらを優先しますか?」

落合コーチは勝利のためなら采配を選ばない人。といいつつ以前は、チームを捨て降谷と心中するとも言い放ったことがありますので目的に応じてでしょうが…。

これは監督の価値観で違いますので正解はありませんが、結局は勝った方が正義、正解となるスポーツ。
ただ、自分の信念はブレずに持っておきたいところ。片岡監督はどういった返答をするのか。

試合の結果も合わせて、上手い引きで終わり。気になる次巻です。

ダイヤのA(40) (週刊少年マガジンコミックス) amazonで購入

コメント