ヨシノズイカラ / ヨシノサツキ 1巻 感想

ヨシノズイカラ / ヨシノサツキ 1巻 感想

ヨシノズイカラ 1巻 (デジタル版ガンガンコミックス) amazonで購入

舞台は離島の田舎。漫画家としていくつかの連載を持ちながら、いまいち当たらず気付けば32歳。

これまで描いていたファンタジーから一転、担当の一声で日常物を描くことに。
この作品が1巻からヒットを飛ばし、今まで経験したことないワクワクを感じるのであった。

【感想】

「ばらかもん」作者の最新作。
一話は丸々、劇中作。この出だしは思い切っていてなかなか良いです。
第一話、それなりに話も盛り上がり終幕、となったところで、突然本編となる漫画家の世界にシフトチェンジ。
見たことある手ですが、ここまで完成された一話はなかなかないのでは。

そこからは漫画家側の話になりますが、これはばらかもん作者のメタ的な作品なのか…?と思うほど、作者が見え隠れしてしまう。
エッセイとまではいかないながらも、2話で主人公の半生をまるっと紹介したり、新連載はばらかもんのような作風で、タイトルは「わっかもん」。突然大ヒットというのも同じですね。そもそもこの本のタイトルも…。

漫画家が主人公の漫画は多数ありますが、フィクションとノンフィクションの狭間を感じさせるこの作品は果たしてどうなのか…。どっちかに絞った方が良かったのでは…。

ただ、ばらかもんで成功した離島での日常を描く、というところはこの作品でも発揮されていて、空気感はやはり好きです。

これからどう展開するのかわかりませんが、知らない人にオススメ、と言うにはなかなか微妙な仕上がりの1巻というのが正直な感想です。
ばらかもんが好きな僕としては、この後に期待したいところです。

ヨシノズイカラ 1巻 (デジタル版ガンガンコミックス) amazonで購入

コメント