アンデッドアンラック / 戸塚慶文 3巻 感想 【ネタバレあり】

アンデッドアンラック / 戸塚慶文 3巻 感想 【ネタバレあり】

アンデッドアンラック 3 (ジャンプコミックスDIGITAL) amazonで購入

[star rate=”4″ max=”5″ number=”1″]

アンディの中に眠るもう一人の人格、ヴィクトール。ユニオンメンバーは10人総出で戦闘に当たる。
次々と攻撃を繰り出す否定者達と互角に戦うヴィクトール。再生を繰り返し分身を作り出すヴィクトール。ユニオンは中々仕留め切れないが、そこへ風子が飛び込みヴィクトールへ接触する。

風子の不運に賭け、ユニオンは風子のサポートへ。好意的な相手への接触は不運を強くするため、アンディの意識を取り戻せれば巨大な不運を呼び込めると考える風子は、分身にはないヴィクトールの頭の傷に気付き攻撃。アンディの意識を一瞬呼び起こすことに成功し、巨大な不運を見舞う。

ヴィクトールを抑えることが出来た風子とユニオン達は円卓へ。
それぞれのメンバーはクエストをクリアし報酬を得るが、不可視(アンシーン)の捕獲のみ不治(アンリペア)に先を越され失敗。ペナルティとしてUMA銀河が追加される。

UMA銀河の追加により地球へ攻めてきた地球外生命体をジュイスの否定、不正義により撃退。しかしこれでペナルティは計99となり、これが101となるとペナルティ「ラグナロク」が追加される。終焉を表すラグナロクを避けるため、もう失敗は許されないユニオン。
次回のクエスト挑戦のため、報酬により増えたユニオンの11席目を埋めることを最優先事項とし、11人目の否定者を探すことになった。

11人目の候補、不治を追いアンディ、風子、タチアナは行動を共にする。ブラジルの豪華客船内で行われるブラックオークションに姿を現すことが予想される不治。アンディ達は、船へ潜入し不治を探す。

船内では不治を含めた四人組が姿を現していた。彼らは「否定者狩り」。世界への復讐を目的とし、使える否定者を集めている。
四人に気付いたアンディ達は、不治達より先に競売に賭けられた否定者を見つけだすことに。

競売に賭けられていたのは男子学生、チカラ。自分が止まっている間、視界内の動きを停止させる、不動の否定者。
わけもわからず連れてこられたチカラだが、そこへ不治達が現れる。殺されかけるも間一髪でアンディ達が到着。アンディ達vs不治達の戦闘となる。

本人が「治療」と認識した行為が行えなくなる、不治の否定。アンディは試行錯誤をしながら不治の否定の隙間を縫うように再生と攻撃を仕掛ける。
しかし、不治の攻撃により、風子が怪我を負ってしまった。

治らない不治の攻撃により負傷した風子の手当のため、アンディは急ぐ。
場面は変わり、タチアナも戦闘中。風子の負傷を知ったタチアナは、友達である風子を助けるため、風子を傷つける者への制裁のため、強力な能力を解放する。

【感想】

アンディの中から現れたヴィクトール。アンディ本人が、「自分が何者か分からない」「過去の記憶がない」と言っているのでアンディの過去話の掘り下げは大きな核となりそうです。

不死というのは戦闘において、攻撃面では何も出来ないよなあと昔から思っていたのですが、ことこどく覆されたような本作です。
今回は放った指から自身を復活させ分身を作るという、こんなんアリか?と思うような戦闘方法。それっぽければ何でもアリなジャンプですので、全然アリですが。これは強い。バラバラにしたら何人にもなるってことなのでしょうか。でも今まで切り落とした体の一部から全て生えてきているわけではないので、意識をして行う技で、かつ限界があると考えるのが妥当ですかね。

しかしそれを凌ぐ風子の不運。確かに地球一個滅ぼしかねないパワーで、ジュノスが警戒するのも分かります…。

UMA銀河はめちゃくちゃやばそうなペナルティと思わせておきながらジュノスの否定で瞬殺。不正義って、義をしっかり持つ相手にとっては最強ってことなんですかね…だいぶ曖昧ですが…。

そして話は11人目探しへ。不治(アンリペア)は今回の表紙にもなっており、仲間にするというよりは、強敵といったイメージ。思想が違う、対立するグループの登場でますます深みが出てきました。

また、風子とアンディのラブコメ展開も注目。ジュノスの、風子の不運は戦力として余りにも大きいという発言もあり、風子は世界のためにもアンディを好きにならなければいけないという…謂わば大義名分のようなものも出来ました。
しかし既に風子はまんざらではないのであれですが…アンディは永く生きすぎていて恋愛の相手役としてはキャラが超越しすぎていますね。しかも愛が実ったら死にますし。前提が破綻しているラブコメというのも中々面白いです。

風子が負傷してしまった、というところで次巻。新しい否定者の男の子が11人目になるのかな。今の戦力的には厳しそうですが。
タチアナの能力解放で巻またぎ。過去エピソードでこの能力の強さはなんとなく見えているので、タチアナの戦闘はどうにかなりそうですが、風子はどうするんでしょう。治らない傷。不治も倒すまで至るのでしょうか。次巻も見物ですね。

アンデッドアンラック 3 (ジャンプコミックスDIGITAL) amazonで購入

↓試し読みできます。(画像クリック)