ダイヤのA / 寺嶋裕二 35巻 感想 【ネタバレあり】

ダイヤのA / 寺嶋裕二 35巻 感想 【ネタバレあり】

ダイヤのA(35) (週刊少年マガジンコミックス)

【ネタバレあり】

秋大の準々決勝、王谷vs青道。

早速チェンジアップを試してみる御幸と沢村ですが、うまくいかず。初めは崩れてしまいますが、それでも踏ん張り2失点。

対する王谷は、頭脳で勝負。練習量では都立は私立に敵わない。
ならば、勝つためにどうするか、頭を使うしかない。
様々な仕掛けを駆使し青道を追いつめます。

その仕掛けの一つを、ナベの偵察によって見抜き青道は逆転。チーム一丸となって、真っ向勝負に挑みます。

後半、重要な局面で沢村はついにチェンジアップをモノにし、試合の流れは青道へ…。

 

【感想】

王谷戦です。青道へ流れがどっと傾き、巻またぎ。

沢村やりましたね。ここぞという時に、決めてくれました。スタンドからはクリスも見守る中、また一皮むけた沢村。

降谷もおちおち休んでいられませんね。
降谷の成長も描かれてはいますが、沢村のペースが凄い。これはこの秋大会でかなり食ってしまうのでは…?

王谷は、ボークを誘ったり守備位置を変更したり投球フォームを急に変えたり…とにかくあらゆる手で翻弄していきます。
野球はルールが少し複雑ですから、隙をつこうと思えばつけるスポーツ。
だからこそ心理戦になりやすく、気持ちの勝負になりやすい。

そんな野球の面白さを再確認させてくれた王谷です。ただ、地力の差がありそうですね…。
若林はエースとして堂々のピッチングで、立ち居振る舞いもチームの中心、という選手ですが、そもそもの力の差がやはり大きい…。

付け焼き刃や小手先で、簡単には勝てないのが野球。それでも、10回に1回は勝てるならばと頭を使って強豪に挑む姿は素晴らしいです。

ただ、細かいことなんですが、若林の見た目と口調のせいで、性格悪いキャラのようなレッテルを貼ってしまいそうになり…
いやいや若林は自分の立場で出来ることを一生懸命やってる、チームをまとめている頭の良いイイヤツだ、と…後追いで思おうとしている自分が…笑

こういう言い方もあれですが、見た目はイメージに直結することがあるので重要だなあと…感じました。

ダイヤのA(35) (週刊少年マガジンコミックス) amazonで購入

コメント