ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE- / CLAMP 1~17巻

ツバサ(1) (週刊少年マガジンコミックス)

CLAMP先生のツバサを初めて読んでみてます。

1~17巻まで読了。

1巻から説明が少なく物語はスピーディに展開していくため、飲み込むのに少し時間がかかりますね。

様々な世界に飛び散ってしまったサクラの記憶の羽。

記憶を取り戻すべく、小狼(シャオラン)、黒鋼、ファイ、サクラの4人(と、モコナ)が次元を越え世界中を旅するお話。

 

ただどうやらこの物語には裏があるようで、更にそれぞれのキャラクターには秘密が…。伏線が何の前触れもなくどんどん出てきますが正直憶えきれない…。

 

基本的には、新しい世界に行く→羽を探す→その国の問題を解決→羽をゲット→新しい世界に行く→

の繰り返しです。

国ごとのエピソードはむしろ分かりやすくてさくさくと読めます。一つの短編物として楽しめます。

長編としての、黒幕の存在、キャラクターの過去等の伏線が今のところよくわかってませんが、17巻にて怒濤のネタばらしがあり少し面白くなってきました。

 

全28巻ということでまだまだですが、勢いづいてきたので一気に読んじゃおうかな。

 

ツバサ(1) (週刊少年マガジンコミックス)

コメント