ダイヤのA / 寺嶋裕二 33巻 感想 【ネタバレあり】

ダイヤのA / 寺嶋裕二 33巻 感想 【ネタバレあり】

ダイヤのA(33) (週刊少年マガジンコミックス)

【ネタバレあり】

鵜久森vs青道の終盤戦。
鵜久森の勢いが止まらず、なんとか後続を抑える降谷ですが、ついに一点差に。
そして最終回、クローザーとして登板したのは、なんと沢村。

梅宮との対決。イップス完全克服のための重要なインコース。御幸の強気なリード、沢村の逃げない強い気持ち。全てが繋がり、見事にインローにカットボールを決め打ち取り、そのままゲームセット。

内と外の使い分け、沢村はまた一つ成長を重ねます。

そして、降谷の足に関して、チームメイトが気付きました。四回戦の登板は果たして。

 

【感想】

梅宮との対決はまたまた痺れますねえ。
お互い、並々ならぬ気迫が…読んでいて手が震えます。
沢村は試合を重ねる度に成長していきます。これぞ少年漫画。次は変化球のようですが、どんどんステップアップする様は見ていてワクワクしますね。

また、この巻でも客席で見ている多田野は、御幸のプレーに心を動かされます。
参考にし、反省し、次に活かす、他のチームも一つずつ大きくなる。
そんな伏線、理由付けが事細かく行われるため、次の試合がより楽しみになる。

本当に、丁寧に描きますね。
既に33巻で、時間軸としては少し遅い気もしますが、じっくり描かれているためこれくらいは仕方ない。内容が、巻数に見合っているので、このペースを崩さずに同じようにじっくり描いていってほしいです。

ダイヤのA(33) (週刊少年マガジンコミックス) amazonで購入

コメント